Welcome

このページをご覧いただきありがとうございます。

多くの人がより健康的にいきいきと輝くための援助をしたいという思いで、

産業・組織心理学研究と、臨床心理学的支援に携わっています。


臨床心理専門家、産業組織心理学の研究者、一般企業就労者としての経験と知見を生かして

社会に還元していきます。

Profile

臨床心理士・公認心理師の小林百雲子(Momoko KOBAYASHI)です。


大学で心理学を学び、卒業後は飲料メーカーにて、約7年間勤務しました。

会社員時代に、就労者がより健康的にいきいきと働けるようになれば、

就労者個人だけでなく、企業にとっても大きなメリットになると常々感じてきました。

就労者一人ひとりがいきいきと働くためには、様々な背景を抱えた人々が各々を尊重し、

お互いに高め合える成熟した組織や社会であることが必要であると考えます。

また、個々人がセルケア力やストレスマネジメント力を身につけることも重要です。


そのための支援を行いたいという思いに至り、大学院で臨床心理学を学びなおし、

臨床心理士・公認心理師の資格を取得しました。

現在は、精神科病院での心理臨床業務(心理面接や心理検査、心理教育など)や、

大学教職員を対象としたカウンセリング業務を行っております。

臨床業務と同時に、産業組織心理学の研究実績を積んでいます。

現在は、博士号の取得を目指し、社会人大学院生として、臨床と研究の両輪で励んでいます。

(2023年度学術振興会特別研究員DC2に採用内定)

研究内容

一般企業経験と臨床心理学の実践経験や知見を産業組織心理学研究に活かし、学際的な研究活動を行っています。

現在の研究

  1. パワーハラスメントの防止とワーク・エンゲイジメントの向上を導く、組織開発的アプローチ法の開発と効果検証

これまでの研究

  1. 努力報酬不均衡(職業生活において努力しても報われないというストレスフルな状態)とワーク・エンゲイジメント(仕事に関するポジティブで充実した状態)の関連性における就労観(仕事への目的意識や組織への帰属意識からなる就労者の価値観)の役割
  2. 職場パワーハラスメントの認識性と体験尺度の新規開発
  3. 所属組織と価値観が一致する就労者の就労観の検討
  4. 上記1~3に関する、就労者の世代・年代による相違
  5. 挑戦し、困難を乗り越える就労者の特徴の検討

 research map☞ 小林(仁位) 百雲子 (Momoko KOBAYASHI(NII)) - マイポータル - researchmap