尺度

職場パワーハラスメントの認識性・体験尺度

調査票:職場パワーハラスメントの認識性・体験尺度

概要:職場のパワーハラスメントの認識性と体験を同時に測定する尺度

尺度構成:3因子(パワハラ行為 12項目、パワハラ状態 4項目、パワハラ態度 2 項目)18項目

使用条件:研究目的:引用情報を記載の上、ご活用ください。

     商用目的:筆頭著者に連絡ください。

引用情報:仁位百雲子・津田彰・鄧科・山廣知美・入江正洋 (2018) 職場パワーハラスメント尺度の認識性・   

     体験尺度の開発と信頼性・妥当性の検討. ストレスマネジメント研究, 14(2), 78-90.

尺度のダウンロード:パワーハラスメント調査票 (1).pdf